読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tiny Tiny RSSを導入してみた。

過去記事

(注)この記事は2013年6月9日に旧ブログに投稿したものです。今でも有効な内容かは不明・・・

Google Readerが6月末でサービス終了してしまいます。

Webサービス型のRSSリーダーは沢山ありますが、http://matome.naver.jp/odai/2136325190690554901
今回は、サーバーインストール型の「Tiny Tiny RSS」というRSSリーダーを導入してみます。

1.
Tiny Tiny RSSで使用するデータベース(私はMySQLを使用しました)を作成

2.
Tiny Tiny RSSのサイトからファイルをDLし、サーバにアップロードします。

3.
解凍し、Webサーバのからアクセスできるディレクトリに移動します。
tar xvzf Tiny-Tiny-RSS-1.7.9.tar.gz
mv ./Tiny-Tiny-RSS-1.7.9 /*****/tt-rss

4.
http://*********/tt-rssにアクセスすると、セットアップ画面が表示されますので、指示に従い値を入力します。

f:id:xyzplus:20161210003906p:plain

5.
「Test Configuration」をクリックすると、DBの接続テストなど各種チェックを行ってくれます。
チェックがOKなら下図のように表示されるので、「Initialize database」をクリックします。
(エラーが出たら指示に従い設定を見直してください。)

f:id:xyzplus:20161210003918p:plain

6.
データベースに各種テーブルが作成されました。
テキストエリアに設定ファイルの中身が表示されます。
今回はphpファイルが作成できるパーミッションに配置したので、「Save Configuration」ボタンをクリックして自動的に作ってもらいます。

f:id:xyzplus:20161210003936p:plain

7.
設定ファイルがサーバ上に作成されたようです。
アンカーをクリックします。

f:id:xyzplus:20161210003950p:plain

8.
ログイン画面が表示されます。
初期ユーザー admin
初期パスワード password

を使ってログインします。

f:id:xyzplus:20161210003958p:plain

9.
ログイン後の画面です。

f:id:xyzplus:20161210004005p:plain

10.
次に、定期更新の設定を行います。
Tiny Tiny RSSではデーモン起動の方法をお勧めしているみたいですが、
今回はcronで設定します。
といっても、公式サイトに書いてある通り、cronの設定を入れるだけ。

*/30 * * * * /usr/bin/php /*********/tt-rss/update.php --feeds --quiet

11.
後は一般ユーザーを追加して。完了です。